ROUND UP 
    CALENDAR
<< 2024年6月 >>
           

    NEW ENTRIES(TOP5)

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    LINKS

    RECENT COMMENTS

    十勝の天気



貴方の街ではペットはどう扱われている?2009/08/04 08:12
我が国では約2670万匹の犬と猫がペットとして飼われている。単純計算すると全世帯の半数が以上犬か猫を飼い、約2300万人とされる未成年者の数を上回る。「ペットも社会の一員」と語る。しかし、日本社会は、欧米と比べ、ペットに対し閉鎖的である。ペット大国イギリスには、犬の水飲み場、犬のふん専用ゴミ箱、ペットとされる馬の水飲み場や馬用の信号機も設けられている。犬はリードさえ付けていれば公共交通機関を利用する事もできる。フランスには犬専用公衆トイレがあり、賃貸住居や集合住宅でpペット飼育を禁止する契約や管理規約は法律上無効とされる。アメリカでも、公営住宅、特に高齢者や障害者の入居する公営住宅では、合理的な範囲で制限を設ける事ができるが、飼育禁止は認められない。この状況を現代版「生類憐(あわ)れみの令」とやゆする向きもあるが、人生の伴侶、家族の一員、かけがいのない友などど考える人の事も考慮しなければならない。さらに言えば、ペットのすぐそばにいる社会的弱者の存在を忘れてはならない。「ペットの対応を見れば社会の倫理の姿が見える」という偉人の言葉を吟味する必要がある。 房新聞のコラムから。
posted by Jack | 08:12 | とにかくいい話。 | comments(1) | trackbacks(0) |
コメント
ペットを飼うにはそれなりの努力も要る。だから欧米ではその人の社会性や協調性を知るのにペットをどのように飼っているかが重要になり、自分をアピールするためにペットを飼う人も多い。歴代の大統領がホワイトハウスで犬を飼うのも大統領の人間性を表現するためだ。大都市は無理でも、地方の公営住宅くらいは小動物を認めるべきだろうね。ペットの飼えない老人ホームなどは意味がないだろう。人間性というのは他を養う事でしか発露できない。それを人は知るべきだ。
2009/08/04 20:17 By nappi URL: http://nappi10.spaces.live.com/
コメントする









Copyright(C)2008 ウエスタンビレッジサホロ(ブログ版) All Rights Reserved.