ROUND UP 
    CALENDAR
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

    NEW ENTRIES(TOP5)

    CATEGORIES

    ARCHIVES

    LINKS

    RECENT COMMENTS

    十勝の天気



この4日間は、電話一本から始まってそして電話一本で終わった。2011/01/24 15:59
昨日11時頃パニックフェイスの番組担当者から電話がかかってきた。
「誠に申し訳ない」と言ったかどうか?今回の撮影は取りやめになったとの事。理由を聞くと、TKOは二人で、一緒の撮影でないとだめらしい。馬は撮影も難しいのでと言い、二人一緒だとスノーモービルで引きずるのが良いかな…?と言うのだ。そんな返答で、そこで馬の撮影は中止となった。え〜!!!
なんだ〜ガックリ。TKOとの共演を夢見ていたのに残念だ。このブログを見ていた人ごめんなさい。
キングも張り切っていたのに。

こんな芸でごめんなさい。




我が家のファミリーの一員山羊の「ブラン」とファントムです。
posted by Jack | 15:59 | TVに出演する馬たち! | comments(0) | trackbacks(0) |
さて、今日はロケ班のチェツクの日。2011/01/22 00:50
午前中でトレッキングの営業を終え練習をすることに。
われらのキャリアホース、われらの兄貴「アルフ」の登場!我が家でこの馬ほど場数を踏む馬はいない、頼れる馬なのだ。
さて、言ってみよか〜!と軽い気持ちでアルフにまたがり橇を引っ張る。
青空と白い雪の色のコントラストが俺の好きな冬の景色の一つだ。
鼻歌気分で駆け足の指示を出す。いきなりぶっ飛んだ!アルフの面玉が点になっている、俺は橇をつかむ手をおもわず放した。
しかし俺も簡単にはあきらめ切れない、もう一度チャレンジする、さらにもう一度と。
しかし俺の意に反して失望するばかり。「何がこわいんだよ〜」お前は頼れる馬と常々思っているのに、
俺たちの期待はこの機会を持って崩れた。もうこの先はアルフを兄貴とは呼ばない。
ロケ班が2時には現場に着くと言うことでそれまでに馬を何とかしなければならない。
幸いにして馬に乗るTKOは一人となったことがまだ救われる。今回は若い馬でと思っていたがキングの出番とすることにした。
人間の世界でもまだまだ高齢者ががんばっている今日、馬の世界もおんなじだ〜!がんばれ親父。
サドルをキングに乗せて現場に向かう。現場はサホロリゾートの第三リフトの広場。到着すると修学旅行の高校生がグチャグチャいる。
その中を俺たちが馬にまたがり登場と相成った。目の前でスキーに乗った生徒達が寄って来る、記念写真は撮られ人気ものになってしまつた。
ロケ班が来るまでに練習をしておかなくては、しかしこの生徒がいなくならないと練習にならない。それにしても遅い、3時半頃ロケ版がやっと来た。
現場が開いて早速ショーの開始、皆の見ている前でキングの美しいロープ(駆け足)がロケ班のスタッフを乗せた橇が走る。
1週を終えOKですと少しえらいロケ班の一人がサインをくれた。本番は23日、この日にTKOがやってくる。
先ほどまで青空が見えていたのに大降りの雪と風が舞う。体も冷えてきた!馬も俺達も真っ白になりながら牧場に帰る。
しかし俺達の心はルンルン気分で晴れている。今晩はロッキーのラーメンで温まろう。


posted by Jack | 00:50 | TVに出演する馬たち! | comments(1) | trackbacks(0) |
TV映りでは最高のパフォーマンスを見せる馬と選んで早速軽い練習。2011/01/20 23:27
選んだ馬の名前は「バッキング・スター」TVにはやはりスターでしょうと言うことで、営業が終わってから早速慣らし運転気分でまたがってみる。
この馬の特徴は、坐骨で支持が敏感に伝わると言う人馬一体の動きのいい軽やかな馬なのだ。
今日は大寒の日もあって、ここサホロも3時になると、底冷えの寒さだ!北海道では「しばれる〜!」と言う程、きましたね〜!
俺の体が硬いと馬の動きについていけないかも?と謙遜をしながら体にカイロを張り準備に取り掛かる。
まずは、人間を「TKO」を引っ張るのに見立てて橇を引っ張っぱる練習方法だ。
早速、降り積もった雪ででこぼこの馬場を橇を引きながら走り回ってみる、始めのうちは橇のことが気がつかなかったのか?
悪路の馬場を軽やかに走る。「いいぞ、いいぞ〜と俺は楽しい気分」これは行けるなと思いきや内側に橇が回りこんで近づいて来た、その橇の動きをみて驚いてバッキングするではないか。驚きが半端じゃない、馬の動きに合わせて乗りこなすJACK。まだまだ若者にはまけないぞ〜なんて少しも思っていない俺がこの状況から、この馬は使えないな〜と判断する。
慣らすのには少しの時間が必要だ、今回はあきらめようと簡単に終了。何せこの馬の名前は「バッキング・スター」。次に登場は馬名「アルフ」。7年前十勝川温泉まで100Kmの旅をTicoと二人で楽しんだものだ。
そのキャリアを備え、パワーがあるタフガイホース。頼んだぞ〜!
そんなんでもう寒いし明日の心だ。明日はロケ班がやってくる、いよいよ本番が近づいてくる。安易に考えてしまったかと少し不安になる。
posted by Jack | 23:27 | TVに出演する馬たち! | comments(0) | trackbacks(0) |
Copyright(C)2008 ウエスタンビレッジサホロ(ブログ版) All Rights Reserved.